【簡単クリスマスレシピ】鶏胸肉でジューシーフライドチキンの作り方

鶏胸肉で作る、ジューシーフライドチキンの作り方をご紹介します。

今回は材料・作り方も簡単でしっとりジューシーに仕上がる、手作りならではの嬉しいクリスマスレシピです。食べやすく「止まらない」美味しさが特徴になっていますので、ぜひ試してみて下さい。

鶏胸肉でフライドチキン

1 材料(2人分/作りやすい分量)

★漬け込み
鶏胸肉 1枚(300g)
◇酒 大さじ1
◇砂糖 小さじ1
◇塩 小さじ1/2
◇おろししょうが 適量

★卵液
牛乳 大さじ2
片栗粉 大さじ2
溶き卵 1/2個

★衣
薄力粉 大さじ6
マジックソルト 小さじ1
こしょう 適量

サラダ油 適量

2 作り方

① 鶏胸肉を大きめの削ぎ切りにし、フォークで両面に穴を空ける。袋に鶏胸肉、◇を加えよく揉みこみ、10~15分漬ける。

② 卵液を作る。牛乳・片栗粉・溶き卵をよく混ぜる。

③ 衣を作る。薄力粉・マジックソルト・こしょうをよく混ぜる。

④ ①に卵液⇒衣の順番で付ける。180℃の油で3分半~4分揚げる。

3 YouTubeの料理動画でご紹介

4 レシピのポイント

今回は、鶏胸肉をしっとりと仕上げるため、通常のフライドチキンでは行わない調理法を使います。材料がシンプルなぶん、しっかりとポイントを押さえていきましょう!

まずはじめに、鶏胸肉を削ぎ切りにし、フォークで穴を空けます。

鶏胸肉は繊維質でパサパサしやすいため、繊維がほぐれやすい削ぎ切りにし、フォークで両面8回くらい穴をしっかりと空けましょう!

そして、鶏胸肉をしっかりと漬けます。

塩・砂糖・酒で漬けることで鶏胸肉が柔らかくしっとりと仕上がるほか、下味も付き、凝ったような味に仕上がります。

そして「卵液⇒衣」の順番に付け、揚げていきます。

フライドチキンは各種ハーブのほかオールスパイスなどを使うのが一般的ですが、今回は衣にマジックソルトを使い、簡単に仕上げていきます!

大きめの削ぎ切りにすると、意外とボリュームのある見た目に仕上がりました。

また、鶏胸肉を平らで薄く切っているため、早く火が通ります!

食べやすく、ペロッと沢山食べられるような「止まらない」美味しさに仕上がりました。鶏胸肉も柔らかく、とてもジューシーです!

5 忘備録・私的メモ

★ 今回はクリスマスということで、特に最近は「買って食べる」フライドチキンが充実していると感じました。そのため、家庭料理らしい「ケン〇ッキー」とは別路線のレシピが作りたいと思い立ちました(笑)

★ また、昨年のフライドチキンでは「卵液が余った」「スパイスが手に入りづらい」とのコメントをいくつか頂いたため、その改善点を活かしたレシピに仕上げました。

昨年作ったフライドチキン。「俺は肉を食べているんだぜ~!」感は、昨年のほうがあります笑 今年の鶏胸肉のチキンは、食べやすさ・作りやすさに重きを置いた印象です!

鶏胸肉のフライドチキン まとめ

今回は、鶏胸肉を使ったジューシーフライドチキンをご紹介しました。

パサパサせずしっとりと柔らかく、また漬け込んでいるため「中までしっかりとした味」が出るレシピです。ごはんのおかずというよりは、「手でつかんでガっと食べる」パーティーテーブルの一品に向いているレシピですので、ぜひ試してみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事